fc2ブログ

記事一覧

世の中をもっと美しくするための種をまく『ルピナスさん』を読んで

今日は2月の終わりで、閏年の29日。自然の世界からのメッセージはなんだろう。先人たちからのメッセージはなんだろう。調整するための一日でもあり、休息、そして未来へ向けて種をまく日でもあるだろうか。そんなことを思いながら、あらためてページをめくった絵本。ルピナスさんー小さなおばあさんのお話ー『ルピナスさんー小さなおばあさんのお話ー』バーバラ・クーニー作 掛川 恭子(かけがわやすこ)訳ほるぷ出版 1987年10...

続きを読む

自分で作れるよ!そんな気持ちをもらった絵本『もぐらとじどうしゃ』

もぐらとじどうしゃ (世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本)『もぐらとじどうしゃ』エドアルド・ペチシカ ぶん  スデネック・ミレル え  うちだりさこ やく福音館書店 1969年5月 世界傑作絵本シリーズ・チェコの絵本わたしは、小さい頃から『もぐらとじどうしゃ』が大好きだった。このストーリーの中では、結局もぐらは自分で自動車を作ることができなくて、こわしやカルリクに壊された小さな自動車を工場で直してもらい素敵な...

続きを読む

02/27のツイートまとめ

aromatoehon 春がもうそこまで来ているね🎶 https://t.co/xclHFH2lft 02-27 16:53 ティーツリーの葉が光ってる。 https://t.co/eVzP0ryuw6 02-27 16:51...

続きを読む

02/26のツイートまとめ

aromatoehon 植物は歩く。お家に入りたいのかい?歩いているのは可憐な小花をつけるウェディングベール。歩きたいように、どうぞ歩いて。行きたいところに行って。 https://t.co/urCAQCtblP 02-26 18:10...

続きを読む

美しい色が織りなす歌のような絵本『おふろばを そらいろに ぬりたいな』

おふろばをそらいろにぬりたいな (岩波の子どもの本)『おふろばを そらいろに ぬりたいな』ルース・クラウス文 モーリス・センダック絵岩波書店 1979年9月 岩波の子どもの本前に紹介した『わたしはとべる』のルース・クラウスが文章を書いている。絵はセンダック。訳は大岡信。なんと贅沢な面々が揃ったことかと、つい俗っぽい見方をしてしまう。たしかに、凄い仕上がり。ためいきがでる…色の美しさ。ストーリーの自由さ。言葉...

続きを読む

アロマと絵本はわたしが自由に感じる力をみとめ、ひろげ、ふかめてくれる

なぜ、アロマと絵本なのかな…。シンプルに言えば。絵本は、子ども のころから、わたしの大切な宝物。アロマは、大人 になってから、わたしの大切な宝物。両方とも、わたしが 今を生きるために、とても役立っている。両方とも、わたしの今に かけがえのないもの。アロマと絵本。それぞれが、象徴するものがある。アロマは… 「 自然 」絵本は… 「 ひと 」自然の恵みから生み出された アロマ。ひとによって創造された 絵本。だから、...

続きを読む

02/25のツイートまとめ

aromatoehon 折り紙ってすごい。奥が、作り方を教えてくれた友人の作品。手前がはじめて作ったわたしの。折り方をあみ出す人の創造性に感服。薔薇の花*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* https://t.co/UfjHHNSAIE 02-25 19:25...

続きを読む

植物のおかげで生きている!事実を伝える科学絵本『じめんのうえと じめんのした』

じめんのうえと じめんのした (福音館の科学シリーズ)『 じめんのうえと じめんのした 』 福音館の科学シリーズアーマE・ウェバー ぶん・え 藤枝澪子やく福音館書店 1968年発行 1983年改訂版原書は1943年に書かれているようだから、かれこれ70数年!日本で最初に出版されてから50年近く経っている。しかし、まったく古びない 。文章も絵も、無駄がない。洗練されて、なおかつ、ユニーク。ページをめくると。どのページも、上...

続きを読む

02/24のツイートまとめ

aromatoehon 雨が降り出しそうな曇り空。こんな日はローズマリーの花がしっとりとして、葉もみずみずしい感じがして好き。ローズマリーの名の意味は「海のしずく」だったね。 https://t.co/zT4136Fjmn 02-24 15:14 小さなアパートの周りに小さな庭と小さな池を作って、ささやかに楽しんでいます。安心して暮らせる、心地よい住居、スペースは大切。 https://t.co/Mm9KaGxH0D 02-24 15:05 戸塚駅。明治学院大学国際ボランティア...

続きを読む

たのしく笑いたいときの『へびのクリクター』

へびのクリクター トミー・ウンゲラー作 『 へびのクリクター 』トミー・ウンゲラー作 中野完二翻訳1974年3月 文化出版局鎌倉の古書店「ブックスモブロ」でふと目についた馴染みのある表紙。あ、クリクターだ!そして手に取るより早くユーモア溢れる物語が脳裏によみがえってきた。思い出しやすい…、って、もしかしたら 絵本の良さの一つ だろう。ストーリーがコンパクトだから、思い出しやすい。ページをめくるようにして、記...

続きを読む

「みどり」に繋がることをテーマに。

本は、古本、新刊本、バーゲンブック(BB)を取り扱っています。 ●絵本 、小説、詩集。自然、社会。暮らし、手仕事、アート。こころ、からだ。 ●多様性、当事者性を尊重する視点で選書。●季節の移ろいを感じられる本屋に。

検索フォーム

私が読んだアロマセラピーの本

『アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!』和田文緒著
著者の和田文緒さんは農大で学んだ植物の専門家。植物の美しい写真が豊富。基礎から応用まで、しっかりした知識と活用法が学べて、末永く活用できる。科学者視点と豊かな感性がコラボして綴られた個々の精油の香りや作用の解説は、他の類似本にはない魅力。


『はじめての中医アロマセラピー』
『中医アロマセラピー家庭の医学書-大切な人を守るための30トリートメント』
アロマ&中医学の基礎知識を学び、さらに関連づけて活用へ。陰陽、五行、経絡、ツボ…。中医学の世界も深い。繰り返しページをめくりながら少しずつ理解・会得していく感じの本です。有藤文香著。

プロフィール

youko itou

Author:youko itou
人生、山あり、谷あり、迷い道あり…いろんな自分を生きてきました。アロマや絵本は、そんな私のよき道づれです。楽しいこと、好きなことを大事に。自分の経験をもとに、出来ることをして。心と身体の手あて。アロマ、ハーブ、コラージュ等と個別相談。「みどりのほんや」webshop。Bookshop Traveller 出店中。(アロマの手あて教室、みどりのほんや 主宰)

*☆* つぶやいてます *☆*

*☆* つぶやき特集 *☆*

いろいろな雑誌

「ビッグイシュー」を知っていますか?中身も濃くて、写真やイラストも素敵!ホームレスの仕事をつくり自立を応援する雑誌。駅の近くとか、雑誌を手に掲げて販売している姿を見かけたら是非一冊!最新号はもちろんバックナンバーを見せてもらって選んで買うのも楽しいですよ。
https://bigissue.or.jp/

メールフォーム

『アロマの手あて教室』お申込みはこちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文: